うつ病の症状とは【欲求のコントロールが難しくなる】

早めの治療が大事

悩む男性

セロトニンの大切さ

うつ病を発症する原因は、セロトニンが不足していることが一つ挙げられています。セロトニンとは脳内神経伝達物質の1つで、それが不足するとすぐに不安を強く感じるようになったり落ち込みが激しくなったりと情緒不安定になりやすくなるほか、モチベーションを持続しづらくなり何もかもに泰樹をなくしてしまうようになります。ほかにも、ストレスを感じやすく、緊張感が収まりにくくなり、夜になってもなかなか眠れずに不眠となってしまうこともあります。セロトニンは、日の光を浴びることで脳内に分泌されていきます。日の光を浴びると紫外線の影響から肌に悪いということで避けてしまう人もいます。確かに日焼けはあまり体に良いことではありませんが、日焼け止めを肌に塗ったり日傘をさして出歩くことで、日の光を浴びながら歩くことは可能です。特に朝日の光はセロトニンの分泌がよりよく、かなり効果的だといいます。うつ病を予防又は早めに治すことができるようにするには、日の光を浴びることだけでも効果的となります。もし、うつ病にかかってしまった場合は、症状によっては病院での治療が要されます。しかしうつ病を発症しても、実際に病院で治療を受ける患者は3割しかいないと伝えられています。なぜうつ病を発症しても、病院で診てもらおうとしないのかといいますと、ひとつは、風邪や身体的な病気のように実感がわかないことがあるといいます。「時間がたてば気分が晴れるときがくるだろう」、「気分が落ち込んでいるのは自分自身が怠けているからだろう」など、時がたてば治るのではないかと考えてしまい、病院に行く必要を感じられないでいる人が意外とたくさんいます。うつ病は病気です。病気を治すために病院があります。うつ病も、自然治癒することができないわけではありませんが、そのためにはしっかりとした生活習慣の改善が要されます。しかし、できなければ症状が悪化する可能性が高まります。早期に発見し、早期に治療を受けることができれば早めに治すことも可能です。病院で治療をしてもらい、普通の生活をすることができるようにすることが大切です。

Copyright© 2018 うつ病の症状とは【欲求のコントロールが難しくなる】 All Rights Reserved.