うつ病の症状とは【欲求のコントロールが難しくなる】

認知症との区別

女性

ひどく落ち込む

高齢者は認知症とうつ病の鑑別が難しいことがありますので、二つの病気をよく理解して判断する必要があります。うつ病の主症状は、抑うつ気分です。また、自分が病気であるという自覚、つまり病識があるというのが特徴です。一方で、アルツハイマー型認知症をはじめとする認知症の多くは、病識が損なわれます。また、認知症が年単位で徐々に発症、進行していくのに対し、うつ病は週から月単位で急激に発症します。症状の捉え方にも違いがあり、うつ病の場合は、症状を深刻に捉えることが多いです。実際は大したことがない程度の物忘れでも、深刻に語ることがほとんどです。加えて、脳画像の所見でも、認知症は萎縮や何らかの異常がみられますが、うつでは異常がありません。しかし、このように典型的な症状を呈さないケースも多く、併発しているケースも多いので注意が必要です。通常、ストレスや体の病気、環境の変化など、うつの要因としては様々なことが考えられます。高齢であれば、死別やデイサービスなどの施設でのトラブルや対人関係のストレスなどです。ただし、認知症と併発しているケースでは、原因がはっきりしないことも多いです。だからといって、うつ病を否定することはできないので注意が必要です。うつ病では、頭の働きが遅くなったり、思考力が落ちたりすることから、高齢者の場合は認知症と診断されることもあります。うつ病の主な症状は、抑うつ気分と興味や喜びの喪失です。うつ病における抑うつ気分は、どんなに良いことがあっても改善せず、いやなことが一日中持続することをいいます。また、趣味やこれまで喜びを感じていたことに全く関心が持てなくなるのも特徴です。このほかにも、寝つきが悪くなったり、早朝に目覚める睡眠障害、食欲の低下及び体重の減少などもあります。加えて、頭の働きや体の動きがゆっくりになる制止症状、じっとしていられない焦燥感など多くの症状がみられます。その中でも、高齢者のうつ病は、若年層と比較すると身体症状を訴えやすく、痛みの訴えや不安焦燥感が強いです。そして、睡眠障害を伴いやすく、微小妄想などがでやすいです。妄想に関しては貧困や心気、罪業などがみられます。年のせい、認知症かもと決めつけずに、気分がひどく落ち込んでいて、何をしても疲れやすそうにしている場合は、周囲が声をかけて病院を受診させることも大切です。

Copyright© 2018 うつ病の症状とは【欲求のコントロールが難しくなる】 All Rights Reserved.