うつ病の症状とは【欲求のコントロールが難しくなる】

医療機関の見分け方

悩む女性

周囲の理解と協力が必要

精神科では、うつ病や統合失調症などの精神疾患全てについて診る事が可能です。心療内科では身体的症状が中心となる心身症を主な対象としていますが、軽度のうつ病についても診る所があります。そして混同しがちなのが神経内科です。神経内科は脳梗塞や手足の麻痺など末梢神経や筋肉の病気を診るので、基本的に心の病を治療対象とはしていません。この様に心の病を扱う病院には様々な名称の診療科があり、わかり難いかもしれません。安易に判断せずに直接電話をして問い合わせてみるのが無難です。そして利用する病院を選ぶ際には、自分の症状に適した治療が受けられるかどうかをあらかじめ確認しておく事が重要になります。まず医師の中には特定の分野について得意としている場合があるので、在籍する医師の経歴などを調べておきます。更に実際に治療がはじまると様々な問題が生じてくる場合も多く、心理的なサポートが必要になるケースも少なくありません。精神保健福祉士や臨床心理士などの医療スタッフが在籍しているかどうかも選ぶ際の基準となります。うつ病を治療する医療機関をなかなか決められない場合には精神保健福祉センターに相談するという手段もあります。症状に応じた病院を紹介してもらえます。精神科などの心の病を診る病院では予約制になっている所が多く、比較的落ち着いて診察を受ける事ができます。受診にあたっては、まず今までの経過に加え、現在の状況について詳しく説明する必要があります。しかし心の状態を正確に相手に伝えるのは簡単ではありません。どの様な点について困っているのか、自前に整理しておくとよいでしょう。もし可能であれば、診察時に家族や身近な人に付き添ってもらうのも良い方法です。うつ病の治療を効率的に進める為には、生活環境の見直しは欠かせません。家族と一緒に今後の治療方針についての説明を受ける事で治療効果をより高める事が期待できます。そして薬物療法で使用する抗うつ剤の中には副作用があるものがあり、体調の変化を感じる人がいます。喉の渇きや頭痛、めまいを感じる場合がありますが、いずれも投薬をはじめた初期の段階だけであるケースが殆どです。その様な症状があっても自己判断で止めてはいけません。症状が悪化するだけでなく、離脱症状に苦しまされる事になるので注意が必要です。

Copyright© 2018 うつ病の症状とは【欲求のコントロールが難しくなる】 All Rights Reserved.